グレトーナメント全国制覇への道
グレトーナメントの全国大会で優勝するまでの軌跡。そしてそれから・・・
高橋つり具 フレンドカップ決勝 優勝①
10月14日(日)
綾部の高橋つり具(0773-42-0907)主催
フレンドカップ決勝大会が音海で行われました。

予選は音海と野原で行われ、勝ち抜いた選手と
昨年度のシード選手3名の合計18名で行われます。
グレ5匹重量(規定サイズ20cm)

天気も良く、若狭湾の釣果も良くなってきたみたいで
わくわくしながら家を0時すぎに出発。

2時すぎ頃に高橋つり具に到着
マキエを作り、受付を済ませる。
抽選は18番。
湾内から付けて行くと、一番沖磯っぽいですね。
トーナメント表
DSC_3306.jpg
DSC_3305.jpg

DSC_3295.jpg
1回戦の磯はタライ。
3時間のローテーション
何と予選と同じ磯でした。
番号の一番大きい自分は優先権が無く
真ん中からスタート。
だんだんと活性が上がると思ってたんので
できれば一番左から入りたかった。

少し遠投でスタート。
潮はそこそこ動いている。
うねりでサラシも出ている。
めちゃくちゃ喰いそうな状況。
オセンもコッパもあまり出てこない。

潮は右へ
5投目ぐらいでグレがヒット
まずは25cmをキープ。
その後は24、23・・・とサイズがダウン。
マキエと少し離して沖へ遠投。
30cmをゲット。

足元のサラシにマキエを入れると
オセンとコッパが沖へ出てしまうので
中間にマキエを入れて遠投で良いサイズを食わせる。

その後もサシエを生、スーパーハード、ボイル、エビとローテーションしていくと
30cm前後が順調に釣れ続いた。
40分ぐらいで32cmまで、30cm前後が5枚揃った。
右の先端もよく釣れてました。

次に一番沖の右へ移動。
ここではサイズアップだけを考えてひたすら遠投
右向きの沖はなぜかサイズが小さく
馬立向きに遠投が良かった。
ガツン!っと32cmを入れ替えに成功。
その後もタイミングの釣りで31cmを入れ替え。

最後に一番左の死に場所。
できればもう1枚ぐらい入れ替えをしたいが
ここは厳しかった。
サイズが小さい。
29cmを1枚釣るが、入れ替えには至らず
右の先端が爆釣しているのをドキドキしながら見るだけの1時間でした。

港に帰って検量
DSC_3308.jpg
朝一の喰いが良い時に釣った良型と
2か所目の入れ替えが効いて5枚で3195g
ウェイト全体トップで準決勝へ進んだ。
DSC_3314.jpg

準決勝は今戸の鼻
2時間で3人の40分ローテーション。
2番目にじゃんけんに勝って
一番左からスタート。

1投目から25cmがヒット。
しかし、その後は毎回ヒットするも
サイズがどんどん小さくなっていく・・・。
24、23、22・・・・。
遠投するもなかなかキープサイズが出ない。
真ん中に入られた選手が30UPをタモ入れ寸前でばらされました。
先ほども試合で使った磯なので喰いが渋いみたいです。

結局、1か所目は良いサイズを釣る事ができないまま終了。

2か所目の真ん中に入った。
この場所が本命で、すぐに良いサイズが喰い出した。
30cm、31cm、32cmと入れ替えしていきます。
タナは1.5ヒロ~2ヒロぐらい。
グレはサシエを咥えるが
なかなか喰い込まないので
もぞもぞアタリはスルー。
しもったウキが消し込む途中で合わせを入れてやる。

糸ふけが出すぎたりタイミングがずれると
乗らない事が多かった。
掛っても良型を針外れで逃す事もあった。
この時点ではリードで最後の右の場所へ。

潮は右なので、ここが一番良く食うはず・・・。
すぐに32cmをゲットして余裕が出てきた。

審判をして頂いていた高橋さんが「上田君、京都で美味しいラーメン屋ってどこ?」
に喰い付いてしまった!
ラーメンはかなり大好物で
しばらく京都の美味しいラーメン屋さんの話を・・・。

ブログでも紹介させて頂いたが
あちこち食べ歩いてます。
あそこはどうで、こうで・・・
熱く語ってしまった!

その間に真ん中に入られた選手が良いサイズを連発でヒット!
人のグレってすごく大きく見えるんです・・・。
40cmぐらいに見えました。

これはやばい!
「もう2枚入れ替えします!」
と言って真剣に釣り始めるが
またもや良型を針外れ!
その後、2枚入れ替えに成功したが
真ん中に入られた選手が
また良いサイズをゲット!
残り1分のコール。

最後にもう一枚掛けようと集中。
そして終了の合図と共にガツン!っと乗った!
これも良いサイズ!
慎重に寄せてきて
慎重に寄せすぎてタモ入れ寸前でまたもやハリ外れ。
しかし検量の結果は 何とか勝利で決勝へ
DSC_3312.jpg
2回戦は3200gちょいと、一番ウェイトがありました。




つづく・・・


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamita1.blog92.fc2.com/tb.php/697-e8a584b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック