グレトーナメント全国制覇への道
グレトーナメントの全国大会で優勝するまでの軌跡。そしてそれから・・・
尾鷲釣行
10月8日 土曜日
森川さんと尾鷲へ行ってきました。
磯はアミモト
トーナメントでも使われる磯で
先日、4号ハリスを飛ばされた人がいるとか・・・。
武田一平さんも50UPを釣られた磯だそうです。
ここで朝から3試合します。
1時間ハーフ
10匹重量
規定サイズ23cm
(後にこの規定サイズ23cmが勝敗を分ける大きなサイズ規定になります。)
111008_0844~03
森川さんの華麗なやりとりは・・・。
111008_0844~06
テンスでした

マキエを撒くとすぐにハコフグが・・・
アカジャコも出てきた。
磯際はすぐに見切りを付けて
タナの先を狙う。
23cmぎりぎりの尾長コッパを3つ拾ったところで
すぐに食いが渋くなった。
何発か外道にブチブチいかれて
森川さんが26cmほどのグレを
そのまま終了。

1試合目は
上田 3匹キープのうち
厳密な検寸の結果、2匹が23cmに数ミリ足らず。
340gVS160gで森川さんの勝利。

そして2試合目は
更に食いが渋くなって
なかなかキーパーが釣れない!
タナの向こう側の深いところで喰うので
掛けた瞬間 根ズレしてしまう。
お互い、1.2号を何発かぶちぶちいかれて終了。

ここで 森川さんが釣ったグレが厳しい検寸にかけられた!
口を広げても
いくら測っても1ミリほど足りない・・・。

残念ながら2試合目は引き分けとなりました。

サンノジをグレと思わせてプレッシャーをかける作戦は成功
111008_1022~01
111008_1022~02
111008_1022~03

3試合目は左のシモリ際で3枚引っ張り出す。
0VS1100gで勝利
今回は1勝1敗1分けと
なかなか面白い勝負となりました。
111008_1411~01
111008_1443~01
しっかし 今日はグレの食いが渋かったです。
ハマチやらアイゴやらサンノジやら
外道は元気だったんですが・・・。
キタマクラやカワハギなどのエサ取りも多かったです。

遠投深棚だとサシエは残るのですが
ずっと残ったままでした

水温22.5度
そろそろガンガン喰い出す頃なのに
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamita1.blog92.fc2.com/tb.php/340-01025b84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック