グレトーナメント全国制覇への道
グレトーナメントの全国大会で優勝するまでの軌跡。そしてそれから・・・
ドリームカップで使ったタックル
ドリームカップで使ったタックルと餌などを紹介したいと思います。

ラインは東レ 銀鱗スーパーストロング ブラックマスターエクストラ 1.5と1.75号を用意しました。
見やすくてライン操作がとてもやりやすいです。
適度なシャキッと感が有り、糸絡みも少なく、強度もあります。



ハリスは東レ トヨフロン・スーパーL・EXハイパー 0.8~1.5号
しなやかでくせが少なく強いです。



そして東レ「トヨフロン」 スーパーLハード 0.6~1.2号
少し張りが有り、ラインが直線になるので
アタリがダイレクトに取れます。
根ずれにも強い。


使い分けは、食うか食わないかで使い分けしてます。
グレが触っているのにアタリが取れない場合とか
仕掛けを張りたい時にLハードの方を使う事があります。


ハリはハヤブサ 鬼掛グレ 極軽グレ イブシ茶3~6号
グレが触っただけで掛かる魔法のハリです。
もう20年近く使ってるでしょうか。
軸も長く魚が外しやすいです。
トーナメント向きのハリですね。



ハヤブサ 鬼掛 短軸のませ 浅層攻略 イブシ茶 3、4号
食い込ませるには抜群のハリです。
1匹釣るごとに、結び変えるのが無難ですね。



ハヤブサ 鬼掛 速掛グレ 浅層攻略 イブシ茶 3~5号
数釣り用にメインに使うハリです。
バランスが取れてます。


使い分けですが、基本は極軽グレの5号を使います。
数が釣れる場合は速掛グレ
食いが悪い場合にのませ(短軸)を使ってます。

ウキはソルブレ(Sal-u-Bre) 円錐ウキ PFフカセ M 良く使うのは浮力00、0、2G、B、2B
遠投もできて安定感があり見やすいです。



スラッシュS 0、00、2G 、 M 00、B、2B
小さいのに良く飛び、食い込みが良いです。



ほぼこの2種類のウキを使いますが
たまにグランの00、2Gを使います。
フカセとスラッシュの中間ぐらいの感覚で使います。
風のある時や遠投が必要な時はフカセ
あまり遠投しなくて良いポイントで
風の影響が無い時は(追い風の時)はスラッシュS
をよく使います。
今回はスラッシュのS G2が食い込み良かったです。
小さいのにびっくりするぐらい良く飛びます。


撒き餌はマルキユー遠投ふかせTR
トーナメントでは、まず間違いなく1袋は入れます。
軽くて表層でばらけてくれるので、グレを浮かせて釣る事ができます。
バランスの取れた使いやすい集魚剤です。



グレパワーV9スペシャル
まとまりが良く、グレの活性を上げてくれる。
サシエにまぶすのも、このV9SPを入れてます。
匂いも好きです。



撒き餌の量を増やすために入れます。
冬の時期はあまり使いませんが
量がいる場合は入れます。
軽くて表層でばらける系なので
他の集魚材と相性が良く、他の特性を損なわない。



最近、気に入って使ってるのが、このグレパワーV11
釣った魚の腹を見てみると、このMSPが沢山入ってました。
オキアミを2枚か3枚かで迷っている時は
代わりにこのV11を入れてみると良いですよ。
ゆっくり沈むので撒き餌が効いている時間も長くなります。



グレパワーV9
まとまりが良く、遠投がきくので良く使います。
迷ったらとりあえずこれを入れますね。
ニンニクの匂いが活性上がりそうな気がします。



グレパワー遠投
最後にまとめるのに使います。
バッカンに1つ入れておくと
遠投ができなくなった撒き餌を締める事が出来ます。



竿はシマノ BB-X SPECIAL SZ II 1、1.2号
予選やトーナメントでは、ほとんどこの竿を使います。
細くて軽くて扱いやすいのに
1号でも45cmオーバーのグレがとれます。



リールは シマノ ハイパーフォース 2500DXG
撒き心地が良くて使いやすい。
片手でキャスティングができるのも良いですね。



関連記事
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/27(火) 11:07:37 | | # [ 編集 ]
こんにちは
山中様
いつもブログを見て頂きましてありがとうございます。

シモリ玉はオレンジ色の小さい半月型の物をよく使ってます。
B以上のウキを使う時は、ほとんどシモリダマを入れてます。

特にシモリダマのメーカーはこだわってませんが、釣り研、DUELなどを使います。
小さい物が好きです。

2G以下の場合は、あまりシモリダマを使いません。

特にアタリがあってグレが離す場合は、半誘導にします。

なるほど結びの様な結び方で
ウキ止めの髭を立てます。

00のウキを使う場合は
ほとんどウキ止めを使いません。

ウキの浮力によって使い分けてます。

後付けでシモリダマを入れたい場合もあるので
カッターで切り込みを入れて
後付けができるように改造している物も使います。
以前、ブログで書いたことがあるように思いますので
良かったら探してみてください。
宜しくお願いいたします。
2018/02/27(火) 16:38:36 | URL | 上田 #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/28(水) 08:23:02 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamita1.blog92.fc2.com/tb.php/1860-c4661b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック