グレトーナメント全国制覇への道
グレトーナメントの全国大会で優勝するまでの軌跡。そしてそれから・・・
日本グレトーナメント1日目 試合の様子
日本グレトーナメント1日目
抽選は40番
B船の2番目
磯は一の島でした。
(チョウシ側を使用)
1_20161206182540ffe.jpg
勝浦で今、一番釣れていると言われるぐらい
グレが濃い磯です。

ジャンケンに勝ったので、港を向いて船着きの左からスタート。
ここは足場が悪い。
ウキは00
撒き餌を撒くが、なかなかグレが出てこない。
船着き右の浅いところはすぐに尾長が出ている様子だ。
深いところは出てくるのが遅いか。
10分ぐらいして竿2本ぐらいのタナでヒット
25cmぐらい
とりあえずキープ
すぐに29がヒット。
周りも釣れだした。
それから連続で25、26、28がヒットするが
ハリスが絡んでしまい
直している間に地合いが過ぎていく。

それからサイズアップする釣り方を
いくつかローテーションして
32cmまでを10枚揃えました。

次に船着き。
右の足元から小さいサラシができて
竿3~4本前に潮目ができます。
ここを釣ってくださいと言わんばかりでした。
ここを釣ってぽつりぽつりと
28cm前後を入れ替えしていきます。

だんだんとグレの食いが悪くなってきて
釣れる数が減っていきました。

最後にチョウシ向きのポイント。
まずは沖向き(2の島向き)をやろうと仕掛けを入れてみるが
向かい風のあて潮。
1投で見切りをつけて
チョウシ向きをやる事に。

サラシの潜る潮に入れると
ラインまで出るアタリが3連続で続いた。
これが28~30cm

27~32cmまでを揃えて4キロちょっとで勝利。
2回戦に進みました。

ウキ
ソルブレ PFフカセL00

ハリ
鬼掛け 極軽グレ5、6号

サシエ
スーパーハード ML

2_20161206182541cb5.jpg
2試合目はオジャウラ方面へ
磯は大島
ここに2組降りました。
ジャンケンをして私たちの組は鬼島向きの釣り座でやる事に。
対戦相手は北紺さんと中村君
なかなか濃いメンバーだ。

ジャンケンで負けて
沖を向いて右から2番目の釣り座(船着きの右)
からスタート。
こちらは深いので出てくるのが遅いか?

スタートすると皆さん一斉に竿を曲げます。

しかし私のところはグレがなかなか出てこない。

ちょっと右手前をやって
22cmを1枚。

左沖で
もぞもぞっと入るアタリを取って
32cmをゲット。

向かい風で仕掛けが思ったように入っていかないので
ウキをPFフカセのMに変更。

それが良かって35cmのグレをゲット。

それからグレの食いが悪くなり。
なかなかアタリが取れない。

2か所目は右の先端。
一番好きな場所だ。

鬼島向きに遠投して
グレを釣っていきます。
ぽつぽつと4枚ゲット。

最後は裏側のポイント。
こちらも釣れるはずなのだが
全然グレが喰わない。
シモリの裏に入れると
ウキごと飛ばされた。

仕掛けを作り直し
グレのいる場所を探しながら
あちこちやってみる。

真ん中ぐらいに少し深いところがあるのだが
そこの足元をやってみると
ウキが入った!
魚は左の根にへばりつき
なかなか出てこない。
しばらく粘って出てきた魚は
ガシラだった。泣

後半は全体的に食いが止まりました。

グレの数は
僕 7枚(大2枚 中2枚 小3)
中村君 8枚(中型サイズが多い)
北紺さん 4枚(大2小2)

検量してみるまで分からない展開だ。

結果は
中村君 1690g
上田 1990g
北紺さん 1580g
で勝利。

次の日に駒を進めました。
ウキ
ソルブレ グランM G2
PFフカセM G2

ハリ
鬼掛け 極軽グレ5、6号

サシエ
スーパーハード ML

マキエ
オキアミ3枚
マルキユー
TR
V9徳用
V9SP
グレジャンボ
超遠投
グレパワー遠投




竿
シマノ
BBX SZ 485 1.2号
リール
ハイパーフォース2500

ライン
東レ
ブラックマスター エクストラ1.5号

ハリス
東レ
トヨフロンLハードEX ハイパー
1.2~0.8

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamita1.blog92.fc2.com/tb.php/1645-aa217583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック