グレトーナメント全国制覇への道
グレトーナメントの全国大会で優勝するまでの軌跡。そしてそれから・・・
チームS 尾鷲でトーナメント2日目
チームS 尾鷲でトーナメント2日目
IMG_4333.jpg
この日の1回戦は小堀君とトウフで対戦
まずは右からスタート
すぐに29cm、30cmと連続でヒット
その後、サイズが小さくなりサバが出てきた。
グレの活性はそれほど高くなく
ガンダマをうつと食いが悪くなる。
サバが引っ張るのを我慢しながら
ゆっくりとマキエ同調で沈めていきます。
とりあえず10枚揃えて
タモ入れサイズをもう一枚追加したところで交代

左のポイントは あまり良いサイズが出ないまま終了。
1試合目勝利で次の磯へ

2回戦は小山の奥の方へ
一応、独立磯
後ろは上から水が流れている。
沖向き真ん中に大きなシモリがあり
それを境界線とした。

まずは左からスタート
シモリを使ってポイントを作り釣っていく。
すぐにサバが回ってくるが
ウロウロとして
居たり、居なくなったりの繰り返し。
15cm 20cm 21cm 22cm・・・と釣っていく
10枚揃えて
だんだんと遠投していくと
28cmがヒット
それからサバがきつくなり
入れ替えできず。

右のポイントは交代間際から食い出したみたいで
すぐに良いアタリでいいサイズが喰った!
シモリに入られないように、強引に寄せてくると
プチっと切れてしまった。
その後もアタリが続いて26、25cmを何枚か入れ替え
サバはかわす良い手段が特に無いので
気にしないで同じ釣りを繰り替えず。
サバにサシエを取られないとグレを食わすことができました。
2回戦は300gの差で勝利
決勝へ進みました。

決勝はイノハナ
乾(弟)、田揚君と対戦です。

一番右からスタート
まずは潮目があったので
遠投して良いサイズが食うかチェック。
1投目は20cmのコッパ

すぐにシモリを使ってポイントを造り
その向こうでグレを食わせました。
こちらの方がサイズが良く
25cm前後が連続で食いました。
他の2人はまだあまり釣れてない様子。

タイミングをずらし、良いサイズを狙っていきます。
27、28cmと釣る。
しばらくしてサイズが小さくなったので
右へポイントを作り直す。
しばらくしてガツンっと30cmがヒット
続いて27cm
乾君が何枚か釣っている
田揚君はチヌを釣ったりと出遅れてました。
リードして左のポイントへ
すぐに23cm前後が数枚釣れたが
その後はサバがきつくなってきた。
右、左とポイントをずらすが
ポツポツ釣れるグレのサイズは変わらない。
入れ替えできずに場所交代。
サイズは真ん中のポイント
ここが本命だと思っているので
がっつり入れ替えしたい。

25と26cmを入れ替えしたが
やはりサバが多いので
良いパターンを見つけようと色々試してみた。
チモトにガンダマ・・・効果なし、フグ、ベラ
中間にガンダマ・・・グレ食わず
ムキミ・・・サバが飛びつく
ポイントローテーション・・・一番ましだがポツポツ釣れる程度
あちこち撒き餌してサバのいないところへ仕掛け投入・・・これもポツポツ
潮下へマキエして、サバを誘導する・・・グレも誘導されていった。
磯際・・・サイズが小さい
タイミングをずらす・・・時々マシなのが拾える。
ってな感じで、「このパターンがすごく釣れる」ってのが無く
サバをあまり気にせずに
なるべく同じ釣りを続けた方が良い釣果がでました。
仕掛けを投入して、サバが咥えてナビが走ったら
ゆっくり引っ張って、サバに吐き出させる。
それを何度か続けていると
サシエが残る事があるので
そこからグレに食わせる。
そのパターンが良かったですね。
IMG_4329_2016053014251094a.jpg
港で検量の結果
3330gで勝利
チームSトーナメント2日目は優勝させて頂きました(#^-^#)
2位は200g差で乾(弟)君
3位はチヌに好かれた?田揚君でした。
IMG_4334_20160530142511bd1.jpg

マキエ(1日3試合分)
オキアミ2枚
マルキユー
グレジャンボ
グレパワーV9徳用
遠投ふかせTR
サッとマキエ
白チヌ(半分)

サシエ
マルキユー
堤防オキアミ(新製品!2016年4月27日発売!)
↑色んなサイズが入っているので便利です。
スーパーハードM
生 アミノ酸αと活性起爆剤・グレ漬け
ボイル
特鮮むきエビ

竿
シマノ
極翔 1.2号50

リール
シマノ
ハイパーフォース2500番

ライン
東レ
ブラックマスター1.5号
ハリス
LハードEXハイパー0.8、1、1.2号

ウキ
AURA
G-DIVE 00、0
マスターRX 0
NEO DEEP 0


ハリ
オーナー
遠投ハヤテ 4、5
元輝グレ 3、4
速攻グレ 4
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamita1.blog92.fc2.com/tb.php/1523-06fb0d60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック