グレトーナメント全国制覇への道
グレトーナメントの全国大会で優勝するまでの軌跡。そしてそれから・・・
日本グレトーナメント田烏予選
4月24日
グレトーナメント初兆戦の吉田君、西田君
(京友磯釣クラブの新メンバーです。)を連れて
大阪グレトーナメント田烏予選へ行ってきました。
IMG_3836.jpg
抽選は19番2番船の先頭です。

磯は大三角に一人でのりました。
初めて乗った磯ですが良い磯でした。

5キロぐらいが毎年の予選通過ライン
今年の目標は昨年の自分のウェイト5630gアップを目指してスタート。

ぐるっと見渡して、沖向きは浅い逆風、あて潮でシモリが多く釣りにくい。
まずは港向きのシモリを使って」ポイントを作りました。
潮は右へ。
オセンはすぐに出てきた。
4投目ぐらいで29cmがヒット
キープです。
つぎに25cm、とりあえずキープです。
しかし、釣りたいサイズが出ない。
少しタナを深くして入れ込んだ。
しもっていくウキが消し込み
ずっしりと竿にのった。
31cmほどの口太。
これこれ、これを揃えたかったんよ。
続いて28cm、30cm、32cm・・・
1時間ほどで10枚揃い。
サイズアップを狙う。
北西の風が出てきたので
ポイントを左側に作り直す。
こちらは浅そうだがシモリが点在している。
サイズが出るかどうか・・・。
釣ってみると30UPが出る。
徐々に遠投していってサイズをアップさせる。
30cm、31cm・・・
底の方であまり動かないグレを食わせる。
がつんと腹ボテ32cmをゲット。
2時間ほどで30cm前後が揃った。

他の磯の様子を見てみると
一本杭、ナガグリはポツポツと釣れているが
赤グリ、タカタキの方はあまり竿が曲がっていない。
10時頃に北西の風が強くなった。
ハリスを長くして、ウキの浮力を微調整して対応する。

魚の活性はそれほど高くない。
仕掛けを投入して、なじむまで仕掛けにテンションをかけながら入れる。
するとオセンとコッパグレはサシエを咥えてもすぐに離すので
サシエが取られる事が無い。
仕掛けがなじむとラインを緩めてウキをゆっくりと入れ
底にいる良いサイズだけを狙ってサシエを食わせます。
このパターンで釣ったグレは
ほとんど30前後だった。

遠投深棚で更にサイズアップを狙う
10時頃、しもっていくウキにアタリが!
ずっしりと竿に乗った重量感は
今までの魚とは違う。
慎重に寄せ、タモに収まった。
これがこの日最大の35cm
尻からは白子がたれている。
これが730gありました。

後半は釣れるグレが少なくなってきたみたいで
ペースは落ちましたが
最後までポツポツと釣れました。
40枚ほど釣ってウェイン。
IMG_3841.jpg
他の磯も良く釣れているだろうと思ってましたが
釣れてない磯もありました。
ヨモギの生駒さんがそこそこ釣れてる。
黒壁は二人とも坊主だったそうです。

ドキドキの検量
いつになっても、この瞬間のドキドキ感がたまりません。
結果は・・・
5060gトップウェイトで予選通過(30~35cm)
昨年の自分のウェイトには届かずでしたが
決勝で頑張ってきます。
IMG_3845.jpg
IMG_3848_2016042517012365c.jpg
世久見会場
IMG_3850.jpg

IMG_3817.jpg
IMG_3854.jpg
予選通過の皆様です。
IMG_3864.jpg
IMG_3865.jpg


マキエ
オキアミ2枚
マルキユー
遠投ふかせスペシャル
遠投ふかせTR
グレパワーV9
超遠投

サシエ
マルキユー
スーパーハードM、L
くわせオキアミスペシャルM
くわせオキアミV9M
生 アミノ酸αと活性起爆剤・グレ漬け
ボイル
特鮮むきエビ

竿
シマノ BBX NZ 1号

リール
シマノ
ハイパーフォース2500

ライン
東レ アイサイト1.5号

ハリス
東レ LハードEXハイパー1、1.2号

ウキ
AURA G-DIVE 00、2G、B
PRO REX 2G


ハリ
オーナー
遠投ハヤテ 4、5
元輝グレ 3、4、5


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamita1.blog92.fc2.com/tb.php/1503-7a8cc1b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック