グレトーナメント全国制覇への道
グレトーナメントの全国大会で優勝するまでの軌跡。そしてそれから・・・
串本 樫野釣行
1月15日(土)
柳さん、越浦さん、畑中さんで
樫野へ行って来ました。
この日は波も無く、風もあまり無く、いい天気でした。
今日からトーナメントの練習を。

磯は一人ずつおろしてもらい
僕は「中ノ島」
一見、チヌ場!?の様でパッとしなかったので
どちらが乗るか、柳さんとジャンケンしたぐらい。笑
右も左も前も磯に囲まれており
底が見えるぐらい浅い。
まずは磯を高いところから見て作戦を立てる。
潮は左、風も沖を向いて背中から左方向へ。
右側も面白そうだが
先端、足元のオーバーハングからスタートして
深くなっている左側へ流していく事に。
タナは2ヒロ、ハリス1.2からスタート。
2つ半でサシエが取られる。
7時半頃
左のシモリ手前で
ゆっくりとしもらせたウキが速度を変えて沈んだ!
合わせるとガツン!と手応え
上がってきたのは35cmほどのグレ。
おお~釣れるやん!
PAP_0200.jpg
その後、同じ様に流すが
グレの写メを撮ってメールを送っている間に潮変わり。
喰わない時間が少し続いた。
足場の良かった船着き↓
PAP_0189.jpg
ここで藤原さんから電話が
詳しくポイントを教えていただき
ここからG1釣法でスタート。
タナは3ヒロでいきなり食ってきた!
その後もぽろぽろと釣れる。
1枚釣ってマキエが入りすぎると
イズスミやサンノジの子、キタマクラなどのエサトリがきつくなるので
仕掛けの入れる位置を変更。
3つほど見えているシモリをローテーションで釣っていくと
その後も釣れ続けた。
数が釣れた左側↓
PAP_0194.jpg
深いタナをやると
この日もサンノジが多かった。
最長寸39.5cmを釣った右側のポイント↓
横風が無かったら
ここでもう少し良いサイズがでただろうな。
PAP_0193.jpg
110115_1530~01
釣れるグレは全て30cm以上とサイズが揃った。
3時までぽろぽろ釣れ続けて30~39.5cm10枚ほど。
他のメンバーも5枚ずつほど釣っていて
この時期にしては
まずまずの釣果でした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamita1.blog92.fc2.com/tb.php/142-6c775782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック