グレトーナメント全国制覇への道
グレトーナメントの全国大会で優勝するまでの軌跡。そしてそれから・・・
ジャパンカップ セミファイナル
10月31日(土)
ジャパンカップ セミファイナル日振

釣れてない磯もあり
規定寸法無しの5匹重量に変更となりました。
IMG_0152.jpg
fc2blog_20151031153845f92.jpg
fc2blog_201510311539145c3.jpg
1試合目は香川の川田さんと
北の中での対戦となりました。
優先権の無い私は海を見て右からのスタート。
足場が悪いですが、状況は良く見れそうです。

スタートして、すぐにはグレが出てこず。
3投目ぐらいにマキエを撒くと
グレを確認。
まず、喰わしてみよう。

サイズは・・・25cm。
とりあえずキープ。
次に23cmだめだ。
撒き餌の中はウスバハギ3枚ヒット!

撒き餌から少し離して30cmをゲット。

昨日良かったパターンを試すが
キツやサンノジ、ウマヅラが食ってしまう。

だんだんと潮が左へ行きだす。

早い釣りをやるが、いいサイズが出ない。
とりあえず30cmを5枚揃えたところで前半終了。

相手選手は小さいグレをリリースされた様で
1枚のキープ

後半は潮下なので良いサイズが出そう。

何枚か入れ替えするが33cmぐらいまで
残り3分前
最後まで諦めずに魚を重くします。

遠投して少し深いタナをキープしながら流していった。
ラインにアタリが出て ずしっとのった!
これが38cmほどあって
重量を稼ぐことができました。
1試合目は2067g 対 434gで勝利。

2回戦目はラッキーな事に3人枠に入れた。
ここで勝利すれば、かなりのウェイトが稼げます。

林さんと沖田さんと大崎の地で対戦となりました。
優先権のあった私は真ん中からスタート。
潮はまだ動いてないが
最後に潮をもらうポイントに入りたかったからだ。

スタートして すぐにコッパが食いだした。
コッパが多い中、30UPを釣る釣りになった。
遠投とマキエワーク、タイミングの釣りで28~30cmがポロポロ出た。

40分交代で右のポイントへ
こちらは足元でもキーパーがひろえた。

最後にお楽しみの左へ
潮が行ってます。
流してみます。
しかし、サイズが小さいです。
潮の中に流しても26cmまでしか喰わず。

深いタナも、流してもサイズが出ないので
諦めて遠投の釣りをやります。
最後は28~30cmちょいを数釣って
1gでも思い個体を選ぼう。
そう決めました。

結果は1752g
重量差は1022g

2勝で勝ポイントは6.0
合計重量差 2.655g

全体2位で全国大会への切符を掴み取りました。

後で分かったのですが、2勝した人が5名もおられました。
私も経験がありますが
2勝して行けない時は、やりきった感はありますが
1年ほど悔しさが残りました。

だから、予選通過できなかった選手の分まで
全国大会で頑張って結果を出したいと思います。


詳しくはシマノHPでご覧ください。
http://fishing.shimano.co.jp/event/2015/japan_cup/iso/result/semi_shikoku.html
http://fishing.shimano.co.jp/event/2015/japan_cup/iso/result/selection.html
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamita1.blog92.fc2.com/tb.php/1385-35c20eb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック