グレトーナメント全国制覇への道
グレトーナメントの全国大会で優勝するまでの軌跡。そしてそれから・・・
マルキューカップ グレ 全国大会 2日目
CA3H0079.jpg
CA3H0094.jpg
CA3H0095.jpg

夕食が終わってから
宇井さん(愛媛)、西さん(青森)、国見さん(高知)と
生駒さん、友松君とで宴会。
各地の名人と話すのはめちゃ楽しかった
12時過ぎまでやけ酒を飲んでしまい
次の日は思いっきり二日酔い・・・。

少しでも多く勉強をして帰ろうと思ってたのに
全国大会まで来て何をやっているんだろうと反省

船に揺られて船酔い
磯に上がっても揺れたまま試合観戦。
準決勝
藤原さんVS鰰澤さんです。
潮は昨日と同じく左へ
左側も食うと思っていたら、あまり良くなく
右側でどれがけ釣るかが勝敗を分ける要因となった。
鰰澤さんは落ち着いた釣りで
相手を一切見ない。
手返しは遅いが、1投1投確実。
この人には魚が付いてると言われている。

足元にマキエを撒いているかと思うと
全然違う場所に遠投しだす。
あっち向いてホイ釣法。
仕掛けは師匠の宮川さんとほぼ同じ。
11グラム00の宮川ウキにリベンジ0
ハリス1.7

対する藤原さんはMサイズBのウキ
ジンタンBに G5をチモトに。
なじむとじわじわ入るが
ウキは浮かせて小さいアタリも取られてました。
前半は藤原さんがリード。
しかし、後半に 鰰澤さんがいいサイズを釣り追い上げ。

5枚VS6枚で鰰澤さんの勝ちでした。
僅差のいい試合でした。

次は決勝を見に行かずに
江頭さんの釣りも見たかったし
藤原さんの応援もしたかったので
3位4位決定戦の横島1番へ行きました。

風が強く、本命の潮がバンバン!
これは食いそう!

右に入られた江頭さんは1投目からグレを連発
潮上へマキエをバンバン入れて
本流のど真ん中へ仕掛けを投入。
すぐにラインを出して
潮目まで流してマキエと合わせる。
そこで少し潜らせて
ラインを張り気味にしてアタリを待つ。
仕掛けは11gぐらいの大きなウキに
段シズ。G2 G6 G6ぐらい??
おおざっぱな釣りに見えたが
的確にポイントへ仕掛けが入っていた。

藤原さんは左のポイントで苦戦。
コッパが多いが キーパーを1枚ゲット。
場所変りして右側へ入られると
いいサイズを釣られて追い上げ開始!
あと1枚で逆転!ってところで
いいサイズを掛けられましたが
ハリ外れ。
このバラシが無ければ藤原さんが逆転されてましたね。
今回は勝利の神様が江頭さんに微笑まれました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kamita1.blog92.fc2.com/tb.php/119-68305591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック