グレトーナメント全国制覇への道
グレトーナメントの全国大会で優勝するまでの軌跡。そしてそれから・・・
JFT グレトーナメント予選 尾鷲
JFT グレトーナメント予選で尾鷲へ行ってきました。
参加者は36名
3ブロックに分かれてトーナメントを行い
12名で1人が予選通過となります。
規定サイズ無しの20匹重量
008_20170502122347b19.jpg
一回戦は谷水君と小山の少し入ったところで対戦
右から入り、10分ぐらいしてからぽつぽつとコッパグレがヒット
5枚ほど釣ったところで、スバリを引くようになった。
仕掛けをちょこちょこいじって、ポイントをローテーション
これで何枚か追加。
右に流れていた潮が途中で左の潮に変わり
サシエが残るようになった。
003_201705021223502f0.jpg
左のポイントに入った頃には
グレが喰うタナが深くなり
時間のかかる釣りになった。
何枚かひろって
9枚対7枚 僅差で勝ち二回戦に進んだ。
006_20170502122348b86.jpg
2回戦は更に小山の奥の方で
田揚君と対戦。
ここも初めはぽつぽつ釣れたが
途中で喰わなくなった。
8枚対6枚で25g差、これまた僅差で勝利でした。

決勝戦は串さんと前畑さん
地の蕪で対戦となりました。
この磯はこの日使ってなくて
たぶん、しばらく人が入って無いでしょう。
食いだしは遅いと予想して
本命の真ん中を一番最後に入りたかったのですが
ジャンケンの結果、一番初めに真ん中からスタートとなりました。
JFTのルールでは、ジャンケンに勝った人が右から入るルールとなってます。

試合がスタートして、魚が出てこない時間がしばらくありました。
20分ほどして左に入った串さんがグレをヒット。
僕のところはアジとボラがまわってきました。
30cmを超える良型のアジでした。

最後に一番左のポイントに入ったのですが
何故かここでもアジが入れ食いになり
3枚のグレをゲットしたが
後が続かずでした。
021_20170502122353af4.jpg
予選通過の3名です。
023_20170502122411b80.jpg
釣れてた磯は
イノハナ、グンカン
その他は20枚揃ってませんでした。
エサ取りが少なくて釣りやすいのですが
グレの活性も、それほど高くありません。
何枚か釣ると、サシエを離すようになります。

今度の日曜日も尾鷲でハヤブサの予選があります。
沖磯も行けると思うので
良いサイズも出ると思います。


スポンサーサイト