グレトーナメント全国制覇への道
グレトーナメントの全国大会で優勝するまでの軌跡。そしてそれから・・・
上田釣法とは
DSCF0038_20120930201050.jpg

上田釣法のやり方
(上田X釣法の理論)
「グレはマキエで浮かせて釣るものである。」


簡単に説明しますと

①マキエを撒く
まずはオセンなどのエサトリが喰いに来る。

②撒くマキエの量を加減してやると
あまり下のタナまでマキエが届かず
下で見ていたグレはオキアミが食べたいので我慢できず
浅いタナまでどんどん浮き上がってオキアミを食べようとしにくる。
そうすると上下の動きになるので
ウキにアタリが出てグレが釣りやすくなるのだ。

③そのグレを人よりも浅いタナで
サシエを咥えた瞬間に掛け合わせて釣っていくのが
上田X釣法なのである。


マキエの撒き方は一気に撒くのではなく
スロープになる様に撒く。
階段になるのは良くない。

また少なくすれば良い と言うものでも無い。
「マキエの撒き方、量、場所はその時 その時で異なる。」
あくまでも調度良い加減を その日の状況で見つけなければならない。

マキエが上から落ちてくると
グレはそれを食べようと下から泳いで浮き上がってくる。
そして、1つ餌(オキアミ)を咥えると
すぐに反転して下に潜る。
理想的な上下の動きである。

マキエの量が多すぎると深いポイントまでマキエが沈み
グレは浮き上がらなくてもマキエが食べれるため
底でマキエを拾うようになる。
グレが横の動きになってしまうのだ。

そうすると、ウキにアタリが出にくいため
サシエだけが取られて魚が釣れない状態が続く。
これを釣り人はオセンやキタマクラなどの
エサトリの仕業だと勘違いしているケースが多い。
(エサトリが目に見えて多い場合はそうかもしれないが)
グレを狙って釣っているのだから
サシエを取っているのは、グレである事が多いのである。


エサトリが極端に多い場合
沢山のマキエを撒かないと
下にいるグレまでマキエが届かないので
沢山のマキエが必要になる。
特にコッパグレやコアジの多い時は
マキエを一度に多く撒くと深いタナまでマキエが効いて良い時がある。

これはあくまでも1つのパターンであって
毎回これが当てはまるとはかぎらない。
特にグレの数が多い時はガンガン撒いて活性を上げる方法もある。

また、大型のグレの活性を上げてスイッチを入れるのに、ガンガン撒く時もある。

一度試して欲しいのは
竿を持たずにマキエだけして魚の動きを観察する事である。

グレは基本的に1.5~2ヒロぐらいまでで釣るものだと考えてます。
僕は冬の寒グレでも2ヒロまでぐらいで釣る事が多いです。

例外は急に水温が低下した場合と
九州などの極端に深い釣り場です。
スポンサーサイト
台風直撃
100260-TENPC[1]
楽しみにしていた明日のたかはし釣具
フレンドカップ決勝は延期だなこりゃ。
AURA 2012年秋の新商品!
何と!日本国内のみで生産されて
浮力テストを合格したウキが登場!
価格も1000円とリーズナブル!
SS2は早速テストしてきましたが
安定感バッチリでしたよ!
クッションゴムも切れないシリコンが登場!
DSC_3140.jpg
夜釣り用のウキやアジング用のウキも登場!
DSC_3141.jpg
そして!
AURAのライブウェルユーザーなら誰しも思っていた
「もう少し幅広くなったらなあ~」が実現しました!
何と!幅が32cm!!!
長さ45cm 高さ31cmと
とても使いやすくなりました!
ポンプチューブを通すリングも
錆びにくいように厳重なメッキ。
竿立も付きました。
DSC_3147.jpg
シャク立ても同じデザイン
樹脂フックです。
DSC_3144.jpg

新しいタックルで
秋の釣行も楽しみですね~。

http://aura-ltd.jp/
ナノグレ
DSC_3133.jpg
がまかつさんが新しい針を送ってくださいました。
「ナノグレ」です。
G杯で使う針が欲しかったので調度良かった。

昨年ヒットした「かかりすぎ口太」を
更に進化させた感じになってますね。

同じ様な短軸
更に細身にして軽量化
細くしたことで、貫通性能もUPしてそうです。
早掛けにも適している形状。

しかし、細くしたことで
針が曲がって魚が外れる事があるかもしれません。
これは今週末使ってみて、自分で判断しなければならないと思います。

普段から使うのではなく
喰い渋った時や、見えグレの掛け合わせに使うのが良いかもしれませんね。

台風2つが心配ですが、日曜日のフレンドカップ決勝が楽しみです
須賀利釣行
9月23日(日)
京磯さんの例会にご一緒させて頂いて
須賀利へ行ってきました。
台風がじわじわと接近する中
雨と波を心配しておりましたが
波はほとんど出ず
雨もそれほど強くなくて、12時ぐらいにやんでくれました。
DSC_3088.jpg
DSC_3086.jpg
磯は抽選で寺島のまんじゅうに
改藤さんと湯田さんの3人で。
2時間ローテーション

船着きから釣り始める。
キタマクラが多くてサシエが取られる。
まずはカワハギゲット。
グレがなかなか出てこない。
1時間ほどしてやっと32cmの口太をゲット
タナは1.5ヒロほど。
交代間際に少し遠投で尾長の30cmぐらいがヒット
抜き上げる時にハリ外れ・・・。
これからはちゃんとタモ入れします・・・。

その後はグレの気配無く
グレが見える!っと思って釣ってみたら
サンノジばかり。
アイゴ、キタマクラ、カワハギ・・・
港向きは外道が多かった。
真ん中は浮きグレの様な魚が見えるので
一生懸命釣ってみたが
浮きイズスミだった。
最後にアオリを2杯ゲットして終了。
何とかお土産は確保できました。

他の磯も釣れてなく
井上さんがイサキ37cm
柳さんが真鯛38cm
グレはこれだけでした。
DSC_3089.jpg
帰りにカレーうどんが美味しいお店で
カレー蕎麦を食べたが失敗だった。
絶対カレーうどんの方が美味しいです。
DSC_3098.jpg
夜はグレとアオリと真鯛とカワハギと肝でくいっと。
釣ってきた魚って美味いなあ~
DSC_3102.jpg


・ウキ AURA SS2 00 0 
NEO DEEP 0、NEO KEEP 0
G-DIVE 0、B

・ライン 東レ ブラックマスター1.5号
ハリス 東レ LハードEX 1~1.7号

・マキエ オキアミ2枚
TR、V9SP、グレベスト 各1袋

竿 シマノ 極翔 1.2号 50
リール ハイパーフォース2500
須賀利釣行
9人でグレは一枚だけでした
カワハギ
真だい
イサキ
アオリなど